ミルビィブログ

動画社内報コラム

社内報になぜ動画?動画が従業員のエンゲージメントを高める理由とは

動画社内報とは?

millvi_shanaiho

動画社内報とは、動画コンテンツを活用した社内情報共有のためのプラットフォームのことを指します。社長メッセージや経営方針の発表動画、社内研修の動画、各部門での取り組みや優秀な営業社員のロールプレイング動画など、社内情報を動画コンテンツ化、1つのプラットフォームに集約して配信するのに適しています。

例えば、下記のようなお悩みを抱えている担当者様いらっしゃるのではないでしょうか?

・コーポレートビジョンや方針が全社員に浸透しない。

・テレワーク勤務になり社内コミュニケーションが希薄になった。

・有益なノウハウが共有されずに属人化している。

・社員定着率が上がらない。

これらの課題解決をするのに、おすすめなのが、「動画社内報」です。次から動画社内報活用メリットをご紹介していきましょう。

テレワーク勤務が招く会社へのエンゲージメント低下

新型コロナウイルス感染症の影響でテレワーク勤務が急速に推進され、初めてテレワーク勤務を取り入れた企業が多いと思います。慣れないオンラインミーティングやチャットでのやり取りが増え、手間取った方も多いでしょう。

日本のビジネス業界では対面でのコミュニケーションを重んじる風潮があるため、突然コミュニケーションの変化が起きたことで様々な問題が生じ、テレワーク勤務が一般化した企業では抱えている問題がより深刻になっているのではないでしょうか?
株式会社月刊総務が2020年10月にテレワーク勤務を取り入れている国内企業253社の総務担当に対して『モチベーションに関する調査』を実施しました。

millvi_shanaiho
引用元:株式会社月刊総務『社内のモチベーションに関する調査』

テレワーク勤務下で会社の方向性を社員に伝えることができているかどうかをアンケート調査した結果、約8割が「とても伝えにくくなった」「やや伝えにくくなった」と回答し、そのことによって、95.7%が社員のエンゲージメントが「とても低下している」「やや低下している」と感じていることが分かりました。
95.7%もの人が実感しているエンゲージメントの低下には、社員のモチベーションの低下が影響していると考えられます。

対面のコミュニケーションが減ることによって、会社の方向性や仕事の手応えなどが掴みにくくなり、社員のモチベーションが低下し、それがエンゲージメントの低下につながるという負の連鎖が起こっているのではないでしょうか。一部企業では「退社をする若手社員が増えた」という声もあり、かなり深刻な状況だと言えます。
テレワーク勤務の一般化により社員同士の会う機会が減り、モチベーションやエンゲージメントの低下につながっていることは重大な課題として認識されています。
日々の会議や研修、社内イベントなどをオンラインで代替えすることで、顔を会わせる機会はつくれても、対面の気軽さや距離感にはかなわないという実感があるようです。

この問題を克服するために、経営陣や会社全体を統括する立場にいる人事・総務担当には、テレワーク勤務下でも社員の声を吸い上げて経営にフィードバックする取り組みや、対面以外の社内情報共有の場を設けることが求めらています。
このような問題を解決するために、会社に属している全ての従業員が共有して閲覧できる1つのプラットフォームを用意して”会社から””従業員から”の双方から情報発信・共有が行えるオンライン環境を整えることで、コミュニケーションの円滑化を推し進めることが必要です。

日本で起こる活字離れの現実

また、現在の日本では活字離れが深刻化しており、動画での情報伝達が時代に即しているともいえます。

文化庁が2019年2月〜3月にかけて3,590人の全国16歳以上の男女にアンケート調査した結果によると、47.3%の人が「1ヶ月に1冊も本を読まない」と回答しています。

millvi_shanaiho
引用元:文化庁『平成30年度「国語に関する世論調査」の結果の概要』

インターネットに親しみのある現代は、欲しい情報だけを検索してネットで集める人や長い記事は飛ばしながら、まとめや大切な部分だけ読んでいる人も多いです。その影響もあり、文字だけの業務マニュアルなどは読まれにくい傾向になっています。

そのような読書をしない人への情報発信手段として動画コンテンツが有効です。
動画であれば、同じ時間内に伝えられる情報量も文字よりも多く、視覚的にも訴えやすいので、今まで文字だけでは伝わりづらかった業務内容など正確に伝えることができます。

以上を踏まえた上で、テレワーク勤務が一般化する現代において、動画を使った情報発信手段というのは社員のエンゲージメントを高めるために必要なツールなのです。

社内情報を動画コンテンツとして一元管理「動画社内報」の3つのメリット

1:社内情報の集約化

社内に拡散していた情報資産を動画社内報に集約化。
管理を容易にするとともに、従業員の視聴しやすい環境を作ることができます。

2:テレワーク勤務でも社内情報共有を容易に。

オンライン環境で閲覧できる社内報なので、テレワーク勤務が一般化した現代において時間・場所問わずに社内情報を得ることができます。

3:エンゲージメントの可視化

動画社内報を活用することで、動画の視聴状況を把握でき、各従業員のエンゲージメントの管理などを行うことが可能です。

コミュニケーションを活性化させ、双方で過ごしやすい環境を作る

動画コンテンツを使って、会社・従業員間の双方でコミュニケーションを取り、それぞれが過ごしやすい環境を作ることで従業員のエンゲージメントを高め、会社の利益にも繋がっていくのではないでしょうか。

millvi_shanaiho

millvi動画社内報とは

『つたわる×つながる×シェアする』をコンセプトに、テレワーク時代における動画活用で従業員のエンゲージメントを高める「動画社内報」サービスです。
国内700社以上の導入実績のある動画配信システム「millvi」で、動画によるコミュニケーションが可能な社内報システムのご提供から、動画制作サービス、活用支援コンサルティングまでお客様を支援いたします。

関連記事

✕ 閉じる