ミルビィブログ

IT情報

会員限定の動画サイトの作り方!必要なのはこの2つの機能です

自社で制作した動画コンテンツを、限られた人に配信したいと思ったことはありますか?そんな時に便利なのが、会員限定の動画サイトです。

会員限定の動画は、サービスを利用するお客様への特別動画の配信に利用することで、競合他社との差別化につながります。

会社のテキストマニュアルを、動画でも見られるようにすることで、社員教育や理解度向上にも活かせます。

では、会員限定の動画サイトはどのように作るのでしょうか?サイト構築で欠かせない機能や、注意すべき点をまとめました。

目次

1:会員限定の動画サイトに必要な2つの機能
2:会員限定の動画サイトを作るのに必要なモノ
3:会員限定の動画サイト作りで注意すべきこと
4:まとめ:トータルシステムで、会員限定の動画サイトを簡単にスタートさせるのもアリ

会員限定の動画サイトに必要な2つの機能

会員限定の動画を配信するためのサイトには、必須と言える機能が2つあります。

①動画再生機能(ストリーミング機能)

動画配信

とにもかくにも、まずは「動画を再生する機能」がなければ始まりません。

動画再生で欠かせないのが、「ストリーミング方式」と呼ばれる再生方式です。おそらく、皆さんが普段利用している動画視聴サイト(YouTube、Netflix、huluなど)で、この用語を聞いたことはあるのではないでしょうか。

ストリーミングとは、インターネットに接続した状態で動画を楽しめる再生方式のことです。ネット環境さえあれば、PCやスマホといった端末のストレージ容量を気にせずに、いつでもどこでも動画を視聴できるというメリットがあります。

この点は、動画データを端末にダウンロードしなくてはいけない「ダウンロード方式」との大きな違いです。

現在、動画視聴の主流となっているのはストリーミング方式です。会員限定の動画サイトを作るうえでも、「ストリーミング機能がある」というのが前提となります。

ストリーミングとダウンロードの違いを解説したブログを読む

②動画再生「以外」の機能

動画配信以外の機能

再生「以外」の機能とは、大きく「コンテンツ周りの機能」と「管理機能」の2種類に分けられます。

1.コンテンツ周りの機能

・会員登録機能
・ログイン機能
・動画検索機能
・お気に入り登録機能
・プレイリスト作成機能
・コンテンツの支払い管理機能(動画コンテンツを販売している場合)

2.管理機能

・配信動画コンテンツの管理機能
・ユーザー機能
・コンテンツの売上管理機能(動画コンテンツを販売している場合)

会員限定の動画サイトを作るのに必要なモノ

ここからは、会員限定の動画サイトを作るうえで、必要となるモノについてお話したいと思います。自社でサイトを作る時、何を用意すればいいかの参考にしてみてください。

ドメイン

ドメインとは、インターネットにおける「住所」と表現されることがあります。私達の「https://millvi.jp/」で言えば、「millvi.jp」の部分です。サイトを利用するお客様や社員にとって、覚えやすいドメインを取得しましょう。

サーバー

サーバー

サーバーとは、自社の動画サイトを運営するために必要なコンピューターのことです。

サイトにアクセスしたり、動画を再生させたり、コンテンツをダウンロードしたり、利用者情報を収集・管理したり…。サイトにまつわるあらゆるアクションに、サーバーが必要となります。

サーバーは自社で用意することもできますが、レンタルサーバーを契約する、クラウドサーバーを契約するといった手段でも用意できます。

サーバーを選ぶ上で、重要なのは「サイト運営の負荷に耐えられるか」という点です。

一度に多くのユーザーがサイトにアクセスしても、全員がストレスなく動画を再生できるか。配信したい動画コンテンツを、ダウンロードしても容量に問題はないか。

こうした負荷に耐えられる、十分なスペックを持ったサーバーを選ぶようにしましょう。

動画再生機能

動画再生

動画再生機能は、外部サービスを利用する方法と、自社で制作する方法があります。

外部サービスとして、企業にもよく活用されているのが「Vimeo」という動画配信サイトです。年間料金を支払うことで、視聴者を限定できる機能などを活用できます。

また、視聴ユーザー数や視聴回数が多く見込まれる場合は、大規模配信にも対応している「millvi」がおすすめです。

自社で開発する場合、コストが大きくかかる代わりに、オリジナリティを追求できます。

▼ millviの詳細はこちらから

動画再生以外の機能

動画再生以外の機能も、外部サービスを利用する方法と、自社で制作する方法があります。

外部サービスを利用する方法として、よく活用されているのが「WordPress」というサイト作成用のソフトウェアです。世界中のインターネットに存在するサイトのうち、43%がWordpressで作られています。

WordPressはデザインの自由度が高く、かなり柔軟なサイト作りができます。有志が開発するプラグイン(アプリのようなもの)を活用すれば、サイトに必要な機能を導入しやすいです。

自社で開発する場合は、コストがかかってしまいますが、Wordpress以上の自由度でサイト制作できます。

会員限定の動画サイト作りで注意すべきこと

会員限定の動画サイト作りでは、さまざまな機能が必要です。一方で、意外と見落としがちな観点があります。

①動画サイトにかけられる「コスト」

動画配信に掛けるコスト

動画サイトには、初期費用とランニングコストがかかります。初期費用、特に自社でサイト開発をする場合は膨大な予算が必要です。しかし、他者サービスをうまく活用すればかなり抑えることができます。

ランニングコストの場合、特に注意したいのはサーバーの利用料金です。サイトでやり取りされるデータ量が多くなるほど、サーバー費用は高くなります。月々の利用料金が、数十万円となることだってありえます。

「このサイトは月々どれくらいのユーザーアクセス数が予想できるか」
「動画コンテンツに対して、どれくらいのデータ容量が必要か」

自社のサイト運営状況に応じて、必要最低限のコストになるようプランを考えるようにしましょう。

②セキュリティ面への配慮

セキュリティ

基本的に、会員限定サイトではサイト利用者の「個人情報」を登録・管理することとなります。万が一個人情報の漏えいなどがあれば、サイトの信頼性を失いかねません。

サイト制作の初期段階から、セキュリティ面の対策は十分に講じておかないといけません。

③マルチデバイスへの対応

マルチデバイス

動画を視聴する端末は、PCやスマホ、タブレットと多様化しています。YouTubeやNetflixなどの動画サイトでは、どの端末でも問題なく動画を視聴できる「マルチデバイス」に対応しています。

会員限定の動画サイトでも、ユーザビリティの観点からマルチデバイスの対応は必須です。

まとめ:トータルシステムで、会員限定の動画サイトを簡単にスタートさせるのもアリ

ここまで、会員限定の動画サイトで必要な機能、用意すべきモノについて紹介しました。

「これらを揃えれば、動画サイトを作れるんだな!」と思う反面、「動画サイトを自社で持つのは大変そうだな…」と感じた方がいるかもしれません。

会員限定の動画サイトを開設・スタートさせるもう一つの方法として、必要な機能を網羅したサービスを活用するのもアリです(ここからは宣伝タイムです!)

millviポータル

例えば、私達が提供する「millviポータル」では、ここまでに紹介した機能をすべて、自由にお使いいただけます。デザインやレイアウトも、柔軟にカスタマイズできます。セキュリティやマルチデバイス対応なども、もちろんバッチリです。

動画サイト構築には、さまざまな労力が伴います。必要な機能をちゃんと揃えて、かつスピーディに動画配信をスタートさせるための選択肢として、こうしたサービスの利用もぜひ検討してみてください。

▼ 「millviポータル」サービスページはこちら

millviポータル

ブログ アーカイブ

カテゴリー

✕ 閉じる