ミルビィブログ

IT情報

ミルビィ活用法

従業員ボイス


近年Youtubeや定額制の動画配信サービス(NetflixHulu)といったインターネット上で動画をみるサービスが以前にもまして普及してきました。今回はどういった仕組みでそれらの動画が流れているのか、また実際に自分が動画配信をしたい時にはどうすればいいのかをご紹介したいと思います。
※本記事での「容量」とは、端末のストレージを占有するファイルデータの大きさを指します。


 

動画の配信方法

まず大きく分けて動画の配信方法には、動画を自分の端末(PC、スマホetc)にダウンロードをしてから再生する方法(ダウンロード配信)と、再生しながら視聴をする方法(ストリーミング・プログレッシブ)の2パターンに分かれます。動画を見ていて急に止まったりする原因は、実はこの配信方式の違いが関係しています。
 

ダウンロード配信

これは動画データをPCやスマホにダウンロードしてから視聴するもので、ダウンロードが終わっていればオフラインでも視聴することができます。

メリット

・オフラインでも再生でき安定してみられる
・ダウンロードすれば何度見ても通信料がかからない
・元データが消されても、ダウンロードしていれば見られる

デメリット

・ダウンロードに時間がかかる
・データを保持するために容量がいる
・不正アップロードや2次利用される可能性がある
・PCやスマホを紛失した際に、情報漏洩の危険性がある

プログレッシブダウンロード配信

動画や音楽をダウンロードしながら再生する形式が、プログレッシブ方式といいます。動画データをダウンロードしたところまでは自由に視聴できるようになっています。
ストリーミングとの違いは

動画データが一時的に端末に保存されていることです

知らないうちにパソコンが重くなっている原因が、実はこれだったりします。キャッシュと呼ばれる部分にデータが保存され、定期的に消去しないと容量が減っていきます。
またダウンロードデータを特殊な方法でコピーすることもできるので、不正アップロードされたり二次利用される危険性があります。
またデータをダウンロードしながらの視聴となるため、途中から再生する際には時間がかかります。

メリット

不特定多数向けの配信に向いている
無料で使えるサービスも多い

デメリット

キャッシュにデータが残るため、気づかない間に容量が減る
不正ダウンロードされたりコンテンツの保護が弱い

ストリーミング配信

動画や音楽を視聴する際に、データを転送端末には保存されない状態で再生をします。動画や音楽はファイルのサイズが大きいためこの方式が用いられることが多いです。
ストリーミング配信は、再生する際にストリーミングサーバーという専用のサーバーを使用し、データがPCやスマホの中に残らないようになっています。
通信環境が悪いとファイルのダウンロードが追いつかなくなり、途中で動画が止まってしまうこともあります。映画等を見てて一度画面が止まり読み込み画面になるのはこういったことが原因です。ただ安定したwifi環境下であれば問題なく視聴することが可能です。
また動画の途中から見たい場合などは、指定の時間からファイルをダウンロードし再生できるので利便性も高くなっています。

メリット

セキュリティが高く、不正ダウンロードを防げたりコンテンツを保護できる
・キャッシュにデータが残らないため、容量を必要としない
・特定の時間から動画を視聴できる

デメリット

・通信環境が悪いとスムーズに見れない
・基本的に有料のサービス

配信方式の選び方


 

 

まとめ

動画配信には大きく分けて3種類の配信方法があることがわかりましたでしょうか?
それぞれにメリットデメリットがあるので、動画を誰に見てほしいのか、セキュリティが必要なのか、コストはどの位なのかといった点を意識していただくと、最適な配信方法がわかると思います。
※ちなみに最近流行っているライブ配信に関しては、ストリーミング配信しか対応していないので注意してください。
また弊社では、ストリーミング配信・プログレッシブダウンロード配信に対応した動画配信サービスをご用意しております。また社内や学内でポータルを作って動画配信をしたい場合や、会員制サイトで動画配信をしたい時には簡単にサイトの構築もできるプランもご用意しています。ライブ配信ウェビナーといったものにも対応しているので、気になる方はお問い合わせください。

 

注意・備考

本記事は個人的な把握・認識に基づく、2018年5月7日時点の情報です。
内容について株式会社エビリーが保証するものではございません。
 

✕ 閉じる