ミルビィブログ

IT情報

動画配信プラットフォームはこう選ぶ。無料・有料サービスの違いはどこにある?

私達は、仕事やプライベートなど生活のあらゆる場所で動画を目にします。こうした動画をウェブ上で配信するためのサービスが、「動画配信プラットフォーム」です。

BtoC、BtoBを問わず、動画配信プラットフォームを活用できるシーンは少なくありません。そうなると、「どの動画配信プラットフォームを選ぶか」は、企業の動画活用戦略でとても重要な選択となります。

動画配信プラットフォームは、その特徴から大きく3種類に分けられます。それぞれの特徴やメリットを知り、皆さんにとって最適な動画配信プラットフォームを見つけてみましょう。

目次

1:動画配信プラットフォームは3種類ある
2:動画配信プラットフォームのメリット、比較してみました!
3:まとめ:企業の動画活用は「有料配信サービス」がおすすめ

動画配信プラットフォームは3種類ある

動画配信プラットフォームは、大きく「無料配信サービス」「有料配信サービス」「スクラッチ」に分けられます。

①無料配信サービス

無料配信サービス

無料配信サービスの代表例といえば、皆さんもおなじみの「YouTube」です。クリエイター向け動画共有サイトの「Vimeo」も、基本的に無料で使える動画配信サービスとして、よく利用されていますね。

無料配信サービスの最大の特長は、「圧倒的なコストパフォーマンスと手軽さ」にあると言えます。無料配信サービスは、ここで紹介するプラットフォームでも、もっとも安価に動画を配信することが可能です。アカウント開設が簡単にできる上、運用において費用がかかるシーンがあまりありません(一部機能は有料の場合があります)。

無料配信サービスは、不特定多数が閲覧できるプラットフォームでもあるので、視聴者数の確保やSNSによる拡散も期待できます。商品やサービスの認知を広げるための、プロモーション動画の配信にも向いています。

一部機能を活用することで、ある程度視聴者を限定することも可能です。

無料配信サービスはこんな人にオススメ

・低コストで動画コンテンツを配信したい
・不特定多数のユーザーへ動画を届けたい
・商品の認知やSNSでの拡散を狙いたい

②有料配信サービス

有料配信サービス

有料配信サービスは、初期費用+月額利用料金を支払うことで、多彩な機能を使用することができます。よく耳にするサービスは、「ULIZA」「J-Stream Equipmedia」そして私達がご提供する「millvi(ミルビィ)」です(宣伝っぽい!)

「多彩な機能」とはどういうものかというと、例えば「milvi」では次のような機能をご提供しています(宣伝っぽい!par2)

コンテンツ管理:
たくさんある動画ファイルを一括管理できます

動画プレイヤーデザインのカスタマイズ機能:
PCやスマホなど、マルチデバイスに対応しています

分析:
動画の訪問数、ユニーク訪問数、平均視聴時間など、細かなデータを閲覧できます

高画質対応:
PCでは、HD画質でのストリーミング配信が可能です

システム連携:
API:コンピュータープログラムの機能や管理データを外部の他のプログラムから呼び出す仕組みを活用して、さまざまなシステムと容易に連携できます

▼システム連携のイメージ
システム連携

便利な機能だけでなく、有料配信サービスはセキュリティ面も優れています。「海外からのアクセスを制限する」「不審なサイトで動画が配信されるのを防ぐ」「動画ファイルの暗号化」など、企業にとってありがたい対策がいくつも講じられています。

有料配信サービスはこんな人にオススメ

・動画を効率的に管理、分析して事業活動に活かしたい
・高品質かつマルチデバイスに対応した動画を配信したい
・安全なシステムで動画を運用したい

③動画配信システムを自社で作る「スクラッチ」

スクラッチ

動画配信プラットフォームは無料・有料とも、すでにあるシステムを活用することで、動画活用のハードルがぐっと下がっています。

一方、既存の動画配信プラットフォームを構築せず、ゼロからオーダーメイドで動画配信システムを構築するという方法もあります。それが「スクラッチ」です。

スクラッチの特徴は、「難易度が非常に高い代わりに、自由度という点では他の追随を許さない」という点です。

スクラッチでは動画を配信したり保存・管理したりするための動画配信プラットフォームはもちろん、動画やユーザーを管理するためのサイトの構築が求められます。さらに、それらを管理維持するためのインフラ環境(サーバーなど)も用意が必要です。

当然、システムやセキュリティ面など多くの知識・ノウハウが求められます。費用もかなり高額ですが、こうしたハードルをクリアできれば「その企業が表現したい世界観」を100%に近い状態で実現可能です。

スクラッチはこんな人にオススメ

・自社のオリジナル動画配信サービスを作りたい
・現在考えているプロジェクトが、他社では実現できない
・システム開発に向けた十分な予算、見識がある

動画配信プラットフォームのメリット、比較してみました!

3種類の動画配信プラットフォームの、それぞれのメリットを分かりやすく表にまとめました。

動画プラットフォーム比較

コストパフォーマンスに優れ、多くのユーザーから認知されている無料サービスは、ブランディングや商品の認知では圧倒的なアドバンテージを誇ります。

動画コンテンツの販売やウェビナーの実施、自社の教育向けコンテンツの配信では、ユーザー管理がしやすく機能も多い、有料サービスがとても便利です。

さらに一歩進み、自社で動画配信システムを構築したい場合は、スクラッチを検討してみるといいでしょう。

まとめ:企業の動画活用は「有料配信サービス」がおすすめ

メリット・デメリットのトータルのバランスで、企業の動画活用には「有料サービス」の動画配信プラットフォームを使用することがもっともおすすめです。

「おい!自分たちの宣伝をしたいからムリヤリその結論につなげただけだろう!」

有料配信サービスをオススメするのには、いくつか理由があります。

有料の動画配信プラットフォームは、動画の管理、配信制限、視聴データ分析、カスタマイズ性、企業にとって欲しい機能がバランスよく揃っています

動画によるマネタイズから社内知識の共有まで、幅広い課題を動画で解決できるのが有料サービスのメリットと言えるでしょう。サポート体制も整っているので、動画配信に慣れていない企業でも安心です。

もちろん、動画コンテンツをどう使うかによって、有効なプラットフォームは変わります。今回ご紹介したポイントを参考に、ぜひ自社での動画配信の方向性を検討してみてください。

<< 安定した動画配信なら「millvi(ミルビィ)」へおまかせ >>

導入実績700社を誇る、国産のクラウド型動画配信システム「millvi(ミルビィ)」。
ITに詳しくない方にも分かりやすいUI・UXや、日本語でのサポート対応があり、ご導入が初めての方にも安心してご利用いただけます。

会員向けの動画共有ポータルサイト「millviポータル」や動画販売ECサイト「millviポータルEC」など、さまざまなニーズにご対応。詳しくは、サービスページまで。

ブログ アーカイブ

カテゴリー

✕ 閉じる