ミルビィブログ

セミナー

ミルビィ活用法

社内行事、セミナーでライブ配信!リアルタイムで映像配信してみよう!

ライブ配信で行うセミナー「ウェビナー」の裏側

昨今、新型コロナウイルス流行の影響で、企業のリモートワーク導入や、集会の開催自粛要請が出されており、イベントやセミナーの開催がより困難な状況となっています。開催自粛要請の影響はイベントやセミナーの主催者だけでなく、そこに参加する出展者・講演者の販促やマーケティング活動にも大きな影響を及ぼしています。
こういった状況を打破しようと、イベントやセミナーをライブ配信で行う動きが各業界で広がっています。
今回は、「金融国際情報技術展(FIT展)」を主催する株式会社日本金融通信社様が開催した、オンライン形式セミナー(ウェビナー)の現場設営から配信準備までをご紹介します。

ウェビナーの現場準備

会場の大きさや配信規模にもよりますが、前日のセッティングにかかる所要時間は1〜2時間です。まずは講演者の位置を決め、撮影用カメラを設置します。講演者の顔もとが暗くならないように、LEDライトを2機設置、ライブエンコーダーを介して、講演者が資料を確認するためのパソコンと音声用マイクをオペレーション用のパソコンまで繋げます。

コンパクトで運びやすいLEDライト

スタッフのオペレーション用パソコンのデスクトップ画面

配信画面(サンプル)

配信画面にチャットツールを設置することで、視聴者からの質問を確認することができます。

 

社内行事でもミルビィのライブ配信機能が大活躍!

家庭用ビデオカメラ、ライブエンコーダーがあれば簡単にライブ配信ができます!

ミルビィのライブ配信機能で撮影した映像は、アーカイブ化して視聴できなかったユーザーが後日見ることもできます。
リモートワークをする社員が多いこんな時にはとても便利なツールなので、ぜひご活用ください!

✕ 閉じる