ミルビィブログ

IT情報

セミナー

ミルビィ活用法

Zoom?millvi?ウェビナーツールの選び方について

そもそもウェビナーとは何か?

ウェビナーとは、「セミナー」×「ウェブ」のこと。これまでは、人を会場に集めリアルセミナーという形が主流でしたが、「わざわざ会場まで足を運ばなくてもオンラインでできてしまうのでは?」ということで、最近流行りになっているセミナーの方法です。
ウェビナーの他に、「ウェブセミナー」や「オンラインセミナー」とも呼ばれています。

「ウェビナー」にもやり方の種類はたくさんある?

ウェビナーと一言で言ってもやり方は一つではなく、いくつか種類があります。
ツール選びも、実は「どんなウェビナーがやりたいか?」によって変わってくるので、まずはここをイメージさせることが大切です。

【ウェビナーの配信方法の種類】

  • ライブ配信
  • オンデマンド配信

 

【ライブ配信でのウェビナーのスタイル】

  • 懇親会やカンファレンスイベントなどの参加型ウェビナー
  • 講演会や研修などの講演型ウェビナー

 

主な配信方法は、リアルタイムで行うライブ配信か、録画したものを配信するオンデマンド配信の2種類があります。

なかでも、今年は新型コロナウイルスに伴い「三密」を避けるため、リアルタイムで行う予定だったセミナーを急遽ライブ配信に変更するというケースが多いのではないでしょうか。

また、「ライブ配信×セミナー」の中でも2種類のパターンがあります。
一つ目は、スピーカーや参加者同士がチャットなどを通してコミュニケーションを取る参加型ウェビナー。
メリットとしては、もちろん参加者の声をリアルタイムで聞くことができ、その場でフィードバックができるという点です。
こちらは、Web会議システム「Zoom」などを利用することが多いです。

二つ目は、スピーカーのみが話し、視聴者は視聴のみを行う講演型のウェビナーです。大規模なセミナーなどは後者になるパターンが多いのではないでしょうか。
講演型のメリットは、視聴者は視聴のみ、主催者は発信することに集中できることです。
ミルビィポータルは、講演型のウェビナーにご利用いただけます。

ライブ・オンデマンド両方できるウェビナーツール

弊社エビリーでは、動画環境構築プラットフォーム「ミルビィポータル」でのウェビナーをおすすめします。

ミルビィポータルでのウェビナーでできることは、ざっくりと5つ!

  • 会員限定のみにライブ・オンデマンドの配信
  • ライブ配信後、アーカイブをして残しておくことが可能
  • ストリーミング配信でダウンロードを回避
  • 配信後、視聴者からのアンケートやレポートも簡単に取れる
  • 撮影から配信まで、丸ごとサポートもOK!

 

一番の特徴となるのが、会員ID・パスワードを発行し視聴者にログインをさせるため、限られた人だけが視聴できるような環境を作れるところ。
セキュリティ面に不安を抱えている企業でも、会員制サイト内で行えば安心ですよね。

また、「リアルタイムで見れなかった視聴者のために、しばらく動画を残しておきたい」という場合でも使うことができます。
ライブ配信をアーカイブして数カ月間残しておけば、ライブが見れなかった人たちも見ることができ、「もう一度見たい!」という方にもゆっくり見ていただくことができます。

この他にも、ミルビィポータルを通して実現できることはたくさんあります。
参考までに、Zoom セミナーとの比較をご参照ください。

▼Zoom セミナーとの比較*1

ミルビィポータル Zoom
会員限定への配信
アーカイブとして残す
撮影サポート あり なし
チャット機能 年内にサービス開始予定 あり
最大視聴人数 1,000人*2 10,000人
時間制限 無制限 有償のみ無制限

*1:この表は、2020年6月時点での公開情報です。
*2:1,000人以上の視聴人数を想定されるお客様は、別途お問い合わせください。

双方向型の動画配信システムを提供するZoomと、ブロードキャスト(一方向)型の動画配信システムを提供するミルビィポータルは動画という点では共通していますが、それぞれの良さがある異なるシステムです。

さまざまなウェビナーツールがある中で、ウェビナーを開催するにあたり、まず一番重要なことは「どんなウェビナーをしたいか?」を明確にすることです。

そのうえで、

  • ライブの後はアーカイブで残したい
  • 撮影からサポートしてほしい

 

という方は、是非「ミルビィポータル」へお問い合わせください!

✕ 閉じる